天然記念物日記

「記念物 天然なのは 生まれつき」  by恵以子さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

懐かしさに包まれながら。

秋も深まってきたとブログを見るとこのフレーズがよく出ていましたが、仙台は数日前から夏日が続きました。予報を見ると明日も暑いようです。
もうちょっとだけ夏が続きそうでほっとしたような気持ちがあるのも不思議なものです。

こんばんは。
準記念物です。

先日学園祭に行ってきました。

といっても大学のではなく僕の出身高校の学園祭です。
実は高校を卒業して以来、まともに学校に足を運んだことは無かったんですよ。
地元組で先月出身高校を訪れようという企画をしていたのですが、僕だけ当日アルバイトがあったので泣く泣く欠席という形でみんな行ってしまったので、高校を訪れる機会を失っておりました。

僕の元同級生は仲がいいのでよく飲んだり、遊んだりをしていたのでいつかはまた出身高校に行くこともあるだろうなと思っていたのですが、思いのほか行く機会に恵まれないものでして、卒業から4年も経って初めて出身高校を訪れることになったのです。ちなみに中学で仲がいい人もいますが中学はこれから先も行くこともないでしょう。特に思い出がないので・・・。

最近騒がれている新型インフルエンザの影響で県内のとある学校では学園祭が中止になったというう所もあり不安もあったのですが、無事に開催され、僕らは開催の有無を確認すらせずにのんびりと学校へ向かいました。

学校は少し改装され、体育館が新しくなり、知っていたとはいえ、少々寂しい気持ちになりました。
それでも変わらない学び舎、部室棟、学食、下駄箱、それらを見ると懐かしさに包まれてとてもうれしい気持ちになるものです。しきりに懐かしいという言葉が口から出ていました。

僕らが学校に到着したのが午後1時頃、既に暑さもピーク。毎年かき氷を販売している学園祭ですので、秋口で涼しいはずなのに毎年暑い日が当日と重なりかき氷がよく売れるのを思い出しました。今年もその例に漏れず、暑い日と重なったようで、かき氷もよく売れたようです。本当に不思議。

入口(昇降口)でパンフとスリッパをもらい、中を見てみると懐かしい先生の顔がちらほらと。
僕らが仲がいいのは3年生の時のクラスのメンバーでして、担任と会いたいねという話をして学校中を周ることにしました。(実は僕以外のメンバーは既に以前学校訪問の際にしっかりと会ったそうなのですが。)

しかし、現在受け持ちのクラスを持っていないその先生はどこにいるのかも皆目見当もつかず。
仕方なく、気になる所から周ってそのついでに探すかという話になりました。

パンフを見て全員共通で気になったのは「萌え萌え占い」。これに行くことが決定となりました。







「萌え萌え占い」が気になる僕ら一行は、その道中で音楽部(軽音部)のライブが行われている会場に時間的にも運よく遭遇し、「萌え萌え占い」はひとまず後に置いてライブを見に行くことにしました。

内容は正直に言うとうーん。って思っちゃう内容だったのでひとまず途中で席をはずし、出店の食べ物を食べようという話に。あるのはやきそば、たい焼き、かき氷、焼き鳥。
朝から何も食べていない僕らはお腹が減っていたので腹にたまる焼きそばを食べようとしたのですが、売り切れ。この時まだ午後の2時前。もうちょっともってくれれば・・・!
仕方ないので焼き鳥を食べることに。焼き鳥2本で20円。安い!
ただ、並んでいる時に異様に暑く、ついでにかき氷でも食べようという話になったのですが、かき氷も売り切れ。焼き鳥も、もも、ネギ間、皮から選べるはずなのに、ももが売り切れ。どこもかしこももうちょいもってよ・・・!

とりあえず食べれればそれでいいのでネギ間と皮をご注文。
近くに学食があるので食べることに。
高校の学食ってなんであんなに安いんですかね?
かけそば1杯で150円ですよ?
ラーメン1杯で230円ですよ?

おいしさよりも量を選んでいた成長期真っ盛りの当時はそれですらお財布の中身とにらめっこしていましたが、大学に通うようになってから、ちょっとおいしいお店に行くと千円位は軽く飛んでいく食生活を送るようになっていたのでこの値段には今さらながら驚きました。

そこで懐かしのメニューと共に焼き鳥を頬張り、懐かしいねと話しながら一行は「萌え萌え占い」へと足を運びました。

既に「萌え萌え占い」入口には東京オフの時で見たような格好の方が・・・。メイドさんです。
どうやら占いのために名前、血液型、異性の萌える仕草を書かなければならないそうで。
流石「萌え萌え占い」最後の必要事項がそれっぽさを醸し出しています。

とりあえず、萌える仕草が思い浮かばず、入口でちょっと苦戦しながらなんとか「恥ずかしがってる所」と記入し堂々と中へ。
そこにはまた口調すら東京オフの時のメイド喫茶の人のような口調、格好の方が現れて、何故か萌え萌えじゃんけんをすることに。正直チョキ、グー、パーと早く説明されたのでチョキの出し方しか覚えきれずじゃんけんには負けてしまいました。でもメイド喫茶ってそういえばこんなんだったなぁと思いだすことができたので、不思議と悔しくはありませんでした。

さて、肝心の占いです。
案内されて腰を掛けてみると、そこに現れたのは女子高生の制服を着た男子高校生が二人。
なるほど。周りをよく見ると占いをするのは全て男性のようです。うん、詐欺だね。

しかも占いをする際に聞かれたのは誕生日。ひとりは占いの本(誕生日別)を持ち、必死に誕生日を復唱しながら本と向かい合ったまま。あれ?記入事項の意味は?
とりあえず必要なのは誕生日の情報だけだったそうで、その膨大な量のせいか、彼はじっと本だけを朗読となりました。ちなみに僕の結果は、

萌え萌え占い→知性溢れる慎重派、説得力あり、カリスマ性も、何よりも安心できる存在を重視する存在。

知性もなければ無鉄砲、カリスマ性が無い僕としては、少々褒めて頂いたのにこんな人間で申しわけないとしか思えないほどべた褒めして頂きました。性別が関係するかは謎ですが、ひとまず3月23日生まれの方はべた褒めされます。覚えておきましょう。

ちなみに僕以外のメンバー(2人)はどちらも野心家でした。個々に差異があるはずなのに恐るべき共通点、野心家に挟まれました。

あまりにも斬新な発想の出店に脱帽しながらメインイベントとなるダンス&ライブへと向かうことに。
なんとダンス前に元担任と再会しました。どうやらダンスの手伝いをしていたらしく、全く(?)変わらない様子を確認し、近況報告をしていたら、高校時代と全く同じようにいじられました。あの時はそんなに好意的に受け取らなかったのに今となっては嬉しい限りです。

ダンスを見ることにした僕らはしっかりと席をキープ(単純に地べたに座るだけですが)し、ダンスを見届けました。
オープニングダンスは何か投げられたけど反応できず、歳を感じました。そしてただ見てるだけなのに疲れたのも歳を感じました。
実は僕が現役の時はダンス部というのは存在していなかったのですが、現在は部として活動しているらしく、全国大会にまで出場したらしいのです。たしかに3年生の動きはとてもきれいで素人目で見ても下級生のそれとは全く異なるものでした。
でも面白いとは思うのですが、疲れました。ライブを見ようと最初計画していたのですが、疲れから結局帰宅することに。現役の時はこの後に平気でライブではしゃいでいたんですから恐ろしい体力だと思います。



帰ってから日本対オランダ戦前半10分でダウン。
居間で寝ている僕に対して静かにテレビを消してくれる弟の優しさに泣きました。
結果はまだ知らないのでご存じの方がいらっしゃれば教えてください><

ちなみに学園祭からの帰りにカラオケ寄って、軽音部が唄っていた曲の後味の悪さを消すため全く同じ曲をもっと盛り上げて唄ってました。僕らもちょっとだけ体力が余ってるんだと感じました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。